英会話スクールで講師が日本人講師だった場合
ちゃんと英会話が身に付くか心配になる人もいるかと思います。

英会話が全くの初心者の方の場合は、
いきなり外国人の先生に習うのより
わからないときや会話に詰まったとき
日本語でコミュニケーションをとれたほうが
安心して英会話を習うことができる人もいます。

英語での基本的な文章の組み立て方が
理解できて基礎の英語力がつくまでは
日本人について習ったほうが効率の良いときもあります。

ただある程度基礎力がついたら
ネイティブに英語を話せる人に習った方が良いです。

バイリンガルでない日本人の英語に慣れてしまうと
後にネイティブに習う時、
あまりの発音の違いに戸惑ってしまいます。

結局日本語英語で学習してしまっては、
中学や高校の英語の授業とさして変わりありません。

日本人講師の利点は、
日本人のつまずきやすいところを
よく理解しているところです。

日本語と英語はもともと語順が違うので、
初心者にとってはとても難しく感じます。

日本語と英語の語順の違いを
理論的に理解し、解説してくれるとすれば
英語を習得した日本人にしかできません。

多くの人が英語を学ぶときに
一番フラストレーションを感じるのが、
自分の言いたいことがそのまま表現できないことだと言います。

本当に言いたいこととは、
少し違った表現になってしまったりするので

日本語で伝えたいことを考え
英語に置き換えるとき、
どのような表現をすれば良いのか
相談できるのは日本人講師だけだと思います。

あと英語圏に精通した日本人講師の場合、
自分が体験した文化の違いについても教えてくれると思います。

日本人との接し方と
英語圏の人との接し方の違いだとか、
日本人の間違ったマナーなどを理解して
教えてくれるのも日本人講師にしかできません。

ある程度英語力が上達すれば、
外国人講師について習うようにした方が、
英語力は身に付きますが、

日本人講師も紹介したようなメリットもあるので
自分の実力に合わせて講師を選んでも良いと思います。