英会話を習得すると、
英語を生かした仕事に就きたいと
考えたりもすると思います。

英語を生かした仕事には
いろいろなものがあるので、
英語を生かせる仕事をいくつか紹介します。

英文事務

英文事務は仕事の幅は広く、
ファイリング、データ入力、
資料作成などのOAスキルも必要です。

あとは電話応対や取次ぎなどで
英会話力が必要になります。

どの場面で英語を使うかによって
必要とされるスキルレベルが変わってきます。

英語でミーティングをすることがあれば
ビジネス英語にも慣れておく必要もあります。

貿易事務

英語力以外にも貿易実務に関する知識が
かなり必要になります。

会話力、読解力、作文力も必要ですが、
通関書類の作成や確認が重要な業務のため
読み書きに自信のある人が向いています。

レベルアップを狙うのであれば
通関士の資格を取得しても良いでしょう。

英文経理

英文経理は日本企業での
一般的な経理の経験を積んでから、

外資系企業の英文経理に
チャレンジするのが一般的です。

経理という業務の性質上、
会話より、読み・書き能力が重視されます。

さらに英会話力もあれば、
海外からの問い合わせにも
スムーズに応対ができるので、
より仕事に生かすことができます。

英語力に自信があり、レベルアップを目指すなら
CPA(米国公認会計士)の取得も検討してみましょう。

英語秘書

日本企業で海外とのやり取りの多い
部署での秘書だったり、

外資系企業で外国人の上司をサポートしたり、
その仕事はさまざまです。

通常の秘書業務と同様上司のスケジュールを
管理したり出張の手配、来客応対、文書作成など、
気配りが要求される仕事です。

英語力はあるけれど秘書経験のない人は、
まずグループセクレタリーなどで、
秘書業務の経験を積みましょう。

外資系企業アシスタント

外資系企業のアシスタントは
IT関連、メーカーなど幅広い業種で募集しています。

資料作成やデータ入力、ファイリングなど
英語での電話応対や取次ぎ、
英文メールでの対応があります。

高度なものになると本国とのメールや
電話を用いたコミュニケーションが頻繁にあり、
英文資料の作成や翻訳、上司や外国人同僚との
英語によるミーティングに参加することもあります。

翻訳・通訳・通訳ガイド

翻訳にしても、通訳にしても、
得意分野を持っておくことが大切です。

英語力としては、英検1級、
TOEICスコア900以上を求められる厳しい仕事です。
また日本語の語彙力も必要となります。

通訳ガイドは、外国からのお客様に日本を案内する仕事です。
通訳案内業国家試験に合格することが必要で、
英語力だけでなく、日本歴史、日本地理、一般常識が問われます。