英語の周波数に耳を慣らすことで、リスニング能力をアップさせようというコンセプトの教材。12時間で英語が聴き取れるという謳い文句はおおげさにしても、効果を期待出来る教材です。しかし、かなり長い期間に渡って、使い続ける必要がありますが、それがかなりツライ教材です。1日1時間付属のCDを聴き続けることがノルマなのですが、とにかく聴くのが疲れるCDで、1時間聴いた後にはぐったりします。それだけ密度が濃い教材といえますが、本当に英語を喋りたいという熱意を持った人でないと、続けることは厳しいでしょう。

効果的な使い方

この教材は付属のCDをヘッドフォンで聴くだけです。それ以外には何もないので、特に使い方についてアドバイスする点はありません。強いて言えば、かなり疲れます。英語を勉強したての頃、英語を聴いているとすぐに疲れて眠くなるという経験をした方は多いと思いますが、あのような感じです。

従って、疲れているときなどに聴くとすぐに眠りに落ちることも・・・

それなりに、気力・体力が充実している段階で聴くのが大切です。1日1時間なので、気合を入れて頑張ってください。

それから、マジックリスニングは販売元の説明によると、1日1時間を12日間続けて聴くということを数ヶ月おきに行うと効果的なようです。逆に言えば、そのあいだの数ヶ月間は全く意味がないわけです。そういった意味では、もし周りに英語を勉強している人達がいれば、数人で共同購入というのもいい選択肢だと思います。効果な教材もみんなで割り勘で買えば、安く入手出来ます。こういったやり方を検討するのも1つの手です。

この教材に向いている人

ただヘッドフォンを付けて聴くだけなので、面倒くさがりな人にはいいかもしれません。

また、マジックリスニングは英語の周波数に耳を慣らすことが目的です。ここが注意すべき点なのですが、音を聴き取ることと、聴き取った音を意味のあるコトバとして認識することは別です。コトバとして認識するには、予めそのコトバの意味を理解しておく必要があります。

要するに基本的な語彙力がなければ、意味がないということです。語彙力のない勉強を始めたばかりの人がマジックリスニングを使っても、宝の持ち腐れかもしれません。どちらかといえば、TOEICでは900ぐらいのスコアがとれるのに、ネイティブのナチュラルスピードの会話はさっぱり分からないというような人向けですね。

この教材に向いていない人

英語学習の初心者がマジックリスニングの効果を実感することは難しいので、あまりオススメ出来ません。(効果が実感出来ないと、どうしても途中で止めてしまうものです。)英語の周波数に慣れるということは、リスニングの能力を鍛えるために有効なことは間違いないので、どんな人でも使って損はないということは言えますが、使用者の体験談を聴く限り、そう簡単に効果が現れるわけではなさそうなので、数年単位で取り組むことを覚悟しておいたほうがいいですね。

使用者の体験談

体験談1

マジックリスニングはとりあえず毎日1時間x12日間聴き続ける必要があります。たったそれだけと思うかもしれませんが、これがかなり大変です。ワザとこんな苦しく感じるように設定したのではないかと思えるくらい、苦しいです。

英語だけでなくクラシック音楽が流れたり、川のせせらぎの音が流れてきたりするのですが、これが右のヘッドフォンから聞こえたと思うと、今度は左から流れてきたりして、それに合わせて集中して聴いていると1時間でぐったりします。

冗談抜きで眠くなるので、不眠症の人には効果があるんじゃないかと本気で思えるくらいです。

私は12日間、根性で聴き続けましたが初日で嫌になりました。マジックリスニングは、数ヶ月に1回の割合で使うと効果がアップするらしいのですが、2回目にチャレンジする意欲はありません。それだけ大変です。でも、苦痛に見合うだけの効果もありました。完璧というには、ほど遠いのですが、洋楽(マライア・キャリーやセリーヌ・ディオン)の歌詞がところどころ聴き取れるようにもなりました。それまでは、全く聴き取れなかったので、かなり進歩したと思います。

僅か12時間しか費やしていないということを考えれば、スゴイと思います。理論的なことはわかりませんが、自分の体験からみて、役にたつ教材だと思います。それだけに、聴き続けるのが困難なのが残念です。効果があると実感しているにもかかわらず、これ以上使う気になれないわけですから・・・

もっと、気楽に聴き続けられるように改善してくれれば、文句なしなのですが、今の状態だと、あまり人に薦めることは出来ないです。

体験談2

マジックリスニングは、昨年12月に一度実践しました。その時は、夜やっていたせいもあり、聞いていると必ず眠気を催してしまうんです。(というのも、BGMが水のせせらぎやクラシック音楽なので!)

説明書には、途中で寝てしまった場合は、翌日は少し長めに聞くようにして下さいと注意書きが書かれています。しかし、その翌日もやっぱり眠くなってしまうんですよね。そんなこんな繰り返しで12日間が修了しました。その後、TOEICは一度しか受けていませんが、特にリスニング力が顕著にUPしたという事は無かったです。

それよりも、過去最高の370点を取った際は、実は直前に1週間ほど米国シカゴに海外研修に行ってたんです。海外研修といっても、英語を話せる訳じゃありませんので、セミナー形式で米国人講師の話を聞いているだけの座学です。当然ですが、その一週間は、見るものも聞くものも全てが英語オンリーでした。

そして直後に受けたTOEICのリスニングテストでは、今までに無かった感覚がありました。あれ?なんかいつもより細かい部分まで聞き取れる。いつもよりスピードが遅く感じるという感覚です。で、その前に受けたTOEICのリスニングスコアは300点ほどだったのですが、なんと一気に70点近くもUPしてしまったのです。つまり、マジックリスニングを12日間続けた時よりも、シカゴで一週間英語漬けになっていた時の方が良い結果が出たという事です。

マジックリスニングを履修された皆さんは、よく”音楽が以前よりもクリアに聴こえるようになった”とか、”TVの音が以前よりも大きく聴こえるようになった”なんて言いますよね。私に限っては、そんな症状は特別表れませんでした。(半分寝てばかりいたので、効果が薄くて当り前なのかもしれませんが。)

しかし、一つだけ今現在でも実感できる事があります。今会社のオフィスに座っているのですが、以前よりも、オフィス内の小さな物音が耳に入ってくるように感じます。普通の人なら気にも留めないような雑音が、以前よりも大きくクリアに聴こえてくる感覚があります。

これが英語のリスニングにどう影響するのかは分かりませんが、少なくとも、今現在のTOEICスコアにおいては、良い結果が出ていません。説明書によれば、3ヶ月ないし4ヶ月おきに再度履修して下さいとあるので、そろそろ第2回目の履修を始めようかと思っています。